02:あんた、絶対バカ

さよならオリックス

投稿日:

 神戸の球団「だった」オリックス。近鉄と合併した時点で既に神戸の球団ではないが、昨日、清原が引退して、とうとう本当に神戸の球団ではなくなったんだなと、そう思った。
~~~~
 まず初めに断っておくが、正直言って野球に興味はない。詳しくもない。小学生の頃にちょっとマイブームだっただけ。
~~~~
 そもそも「阪急ブレーブス」だったこの球団、1988年に阪急がオリエント・リースに売却して発足。1989年から「オリックス・ブレーブス」として、西宮球場を本拠地に展開。
 1991年に「オリックス・ブルーウェーブ」となり、グリーンスタジアム神戸に本拠地を移転。
 1994年から仰木監督が指揮をとる。
 1995年、震災の年に「がんばろうKOBE」を合言葉にリーグ優勝。被災地とともに戦うチームの姿は大きな感動を呼び、ファンは熱烈な応援によりチームを支えた。この年の「神戸」と「ブルーウェーブ」の関係は、ホームタウンとプロスポーツチームの理想的な関係として各方面で取り上げられる。翌1996年には日本一となる。
 しかし、オリックスは球団経営を知名度アップとして利用する以外の考えを持たない。そのため、その後は低迷を続ける。
 ついに、2004年12月には大阪近鉄バッファローズと合併、大阪ドームを本拠地とする「オリックス・バファローズ」となる。この時点でほとんど大阪の球団に変わっているのだが、2年間は兵庫と大阪をダブルフランチャイズに持つこととなった。
 2006年11月、球団事務所を大阪に移転。2007年からは大阪のみを本拠地に登録。2008年には監督に大石大二郎が就任。大石大二郎は静岡商業→亜細亜大学→近鉄。近鉄生え抜きの人間。
 さらに、昨日、仰木監督に誘われてオリックスを死に場所に選んだ清原が引退。
 世間的にはすでに大阪の球団となっているオリックスであるが、ボクの中では昨日が「神戸オリックス・ブルーウェーブ」の命日である。
 ああ、あれだけ神戸の人に愛された「オリックス」は、いまや「近鉄」に成り下がり、いや、近鉄ですらなくなり、大阪の球団と成り果てた。
 さよならオリックス。

-02:あんた、絶対バカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

毒入り餃子:チャイナ・フリーせざるをえない

古来より、中国はそーいう国です。 であれば、私達のとる手段は一つしかなくなりますね。 いわゆるチャイナ・フリーの実施。中国製品不買運動。 買うもの一つ一つを手に取り、裏に中国製とあれば、買わない。 北 …

no image

東海地方を代表するといわれている「中日新聞」のアホさ加減をさらす

昔のメールを掘り返しておく。 元はこんな話だ。 http://unkar.jp/read/society6.2ch.net/mass/1205030318 2008年3月9日 from: 熱帯魚 to …

no image

奥さん、黄砂です!

黄砂ですよ。感知するのは今年2回目。 花粉症のアレルギーは過敏反応するから、いやぁねぇ。 東欧の排ガスが引き起こした北欧の酸性雨並みに迷惑です>支那 まあ、それがチャイナクオリティだから仕方ないか。 …

no image

官僚依存をぶっ壊せ

<!–前原よ。お願いだから、官僚主義(とそれにたかる民間)を叩き壊すことだけに専念してくれ。–> 天下りの撲滅(天下り自体と、天下り先の法人の壊滅)と、請負制の改革 …

no image

役所の無駄遣い、JAL経営危機!これが究極の改革案だ

役所の無駄遣い、JAL経営危機!これが究極の改革案だ 大前研一の日本のカラクリ プレジデント 2010年2.1号 http://president.jp.reuters.com/article/201 …

accaii

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

アーカイブ