45:北神急行/神戸市営地下鉄/神戸電鉄

2020/03 神鉄ダイヤ改正(急行の花山停車、有馬線の増便、快速の消滅、粟生線の増便と減便)

投稿日:2020-01-22 更新日:

神戸電鉄は、2020/03/14(土)にダイヤ改正を実施する。ニュースリリースを参考にした。

有馬・三田線

・急行の停車駅に花山を追加。(平日・土休日の全て)
・平日7時台の上り準急1本を急行に、急行1本を特快速に種別変更。
 →7時台の上り岡場発7本のうち、2本が特快速、3本が急行になる。
・平日18時台に鈴蘭台~岡場間で上下各1本を増便。
・平日19時台・21時台の下り有馬温泉行き各1本を岡場行きに区間延長。谷上駅での北神急行との接続も改善

粟生線

・平日朝の上り快速3本を普通1本、急行2本に種別変更。西鈴蘭台~志染間において運行間隔を見直し。
・平日夕方の下り快速3本を普通に種別変更。運行を15分間隔に変更。
 →快速が消滅。

・9時台の下り新開地発普通志染行きを小野行きに、11時台の上り志染発準急新開地行きを小野発に区間延長。
・10~13時台の下り新開地発普通志染行き各1本を三木行きに区間延長。
・12~15時台の上り志染発準急新開地行き各1本を三木発に区間延長。
※上記により、昼間の志染~三木間の運行を、現行の60分間隔から30分間隔に変更。(下り志染発9:35~14:36、上り三木発10:27~15:28)
※このうち、11時台~14時台の三木発着上下4本の増便は、三木市が経費を負担する、2022年春までの2年間の社会実験。←神戸新聞の記事による

・昼間の新開地~西鈴蘭台の普通を鈴蘭台~西鈴蘭台に区間短縮。
(#短縮される新開地~鈴蘭台は4分後or4分前の有馬・三田線とかぶっているので、あまり影響はない。準急の場合は普通に種別変更すると思われる。)

・5時台の志染~小野間の運行を、概ね20~30分間隔に変更。
・夕方の志染~小野間の運行を、現行の15分間隔から30分間隔に変更。(下り志染発15:06~16:35、上り小野発15:45~17:15)
・夜の志染~小野間の運行を、30分間隔に変更。(下り志染発20:56~最終まで、上り小野発20:50~最終まで)

・9~10時台の西鈴蘭台~志染間の運行を、現行の15分間隔から30分間隔に変更。(上り志染発9:35~10:35、下り西鈴蘭台発9:12~10:12)
・深夜の鈴蘭台(西鈴蘭台)~志染間の運行を、20~30分間隔に変更。(下り西鈴蘭台発22:35~最終まで、上り志染発21:42~最終まで)

・終日、粟生駅でのJR加古川線・北条鉄道との非接続列車は、すべて運行を取り止め。

..

神鉄粟生線・志染~三木駅間で増便 2020/03/14から <2020/01/22 20:10 神戸新聞NEXT>を編集
 神戸電鉄は2020/03/14から、粟生線 志染~三木駅間で11時台~14時台の上下線各4便を増やす。市民の要望を受けた三木市が、増便分の経費を全額負担することで実現した。これによって、同時間帯の新開地~三木駅間の運行は1時間に1本から、30分に1本へ改善する。一方、利用の少ない早朝や夕方前、21時以降の粟生線は一部減便する。
 ダイヤ改正は、西鈴蘭台~志染駅間で日中の上下各10本を減便するなどした2017年以来、3年ぶり。

 三木市は、三木地区の区長らが集まる市政懇談会などでの意見を踏まえ、経費を負担することを前提に神鉄に増便を申し入れていた。新ダイヤの11時台以降、三木駅発着の上下各4本の増便については、2022年春までの2年間、社会実験として実施する。
 負担額は明らかになっていないが、三木市は今後、経費を盛り込んだ議案を市議会3月定例会に提出する。三木市の要望とは別に、小野駅発着の10時台の便も、上下各1本が増える。
 一方、夕方の帰宅ラッシュ前の15時台~17時台前半の間、上下各3本を減らし、30分間隔にする。

 さらに、西鈴蘭台~志染駅間は、朝のラッシュ時間帯後の9時台後半~10時台に上下各2本を減らし、30分間隔とする。

 他に、早朝5時台や、21時から終電までのダイヤでは、上下線とも一部減便がある。

https://www.kobe-np.co.jp/news/miki/202001/0013054807.shtml

..

神鉄全線2020/03にダイヤ改正 三田駅の接続改善へ <2020/01/25 05:30 神戸新聞NEXT>を編集
 神戸電鉄は2020/03/14、3年ぶりに全線のダイヤを改正する。
 三田市関連では、朝の三田発新開地行き急行1本を特快速に格上げし、新開地までの所要時間を2分半短縮する。深夜23時台の2本はJR宝塚線との接続を見直し、余裕を持って乗り継げるようにするなど利便性を高める。

 平日ダイヤでは、07:02三田発、08:00新開地着の急行を特快速とする。特快速は神鉄では最も速い電車で、岡場~谷上間の6駅を通過する。単線区間の待ち合わせ時間の改善も組み合わせて時間を短縮した。6時台発の2本と合わせ、特快速は3本になる。

 一方、三田駅では深夜時間帯にJR宝塚線の新三田方面行き電車との接続を改善。23:10発鈴蘭台行きと23:59発谷上行きの発車時間を、現行ダイヤからそれぞれ1~3分遅らせる。この2本はこれまで「JRの電車到着とほぼ同時に神鉄の電車が出発するようなダイヤ」(神鉄鉄道事業本部運輸部)で、接続の改善が課題だった。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/202001/0013060335.shtml

2020/02/25

  • 平日 夕方谷上駅18時台まで3番線発着。=19時台から1・2番線を使用。
  • 土休日朝の有馬・三田線の特快速が急行に格下げ。
  • 平日夜の粟生線の押部谷止まりが消滅。(後続の快速が普通に種別変更して合体)

-45:北神急行/神戸市営地下鉄/神戸電鉄
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

三宮~花山を考える

裏六甲は交通費がかかる。北神急行が高いのは言うまでもないが、神戸電鉄も高いんだよ。おまけにトンネルを超えて走るバスも(長距離だから)高い。 例としては三宮~谷上でもいいんだけど、谷上駅の乗降客数は少な …

no image

北神急行の市営化決定 神戸市と阪急電鉄で基本合意

北神急行線と市営地下鉄の一体的運行について <神戸市長臨時会見 2019年(平成31年)3月29日>よりメモ 神戸市交通局が北神急行線に係る資産と契約の譲渡を受けることについて、阪急電鉄グループと基本 …

no image

神戸電鉄 花山~大池で倒木

 2019/06/15 13:30頃、神戸電鉄有馬線 花山~大池 で木が倒れて電線に寄りかかっているのが見つかり、一時、運転を見合わせた。強風の影響とみられ 、伐採作業終了後、14:10頃に運転を再開 …

no image

谷上駅を勉強する

6番線まである大きい高架駅。 北神急行電鉄と神戸電鉄の共同使用駅。ほとんど一体運用されているので、どこが分岐点なのかは素人目にはわからない。駅長室は北神急行のもの。乗車人数は約13,000人/日。神鉄 …

no image

神戸市 敬老優待/福祉乗車制度を考える

「神戸市敬老優待乗車制度・福祉乗車制度のあり方検討に関する有識者会議 報告書 令和元年11月」が提出されたので、要約する。 結論 「速やかに制度見直し」は以下の3点。 ・敬老優待乗車制度の敬老無料乗車 …

accaii

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

アーカイブ