お・さ・か・な の う・わ・ご・とWP

おさかなハウスに棲むおさかなのうわごと。神戸在住。

02:あんた、絶対バカ

東海地方を代表するといわれている「中日新聞」のアホさ加減をさらす

投稿日:

昔のメールを掘り返しておく。
元はこんな話だ。
http://unkar.jp/read/society6.2ch.net/mass/1205030318
2008年3月9日
from: 熱帯魚
to: 中日新聞読者センター
title: 【岐阜】無農薬米の酒に舌打ち 栽培した関の市民ら
柴田久美子さんへ
関の市民の方は、舌打ちしたんですか?
2008年3月10日
from:中日新聞読者センター
to:熱帯魚
 Eメール、受け取りました。
 手元の国語辞典に当たってみましたところ、
見出し語「舌を打つ」の説明として、以下の
記述がありました。
 『広辞苑(岩波書店)』
  うまいものを食べた時のしぐさ、したつづみ
 『大辞林(三省堂)』
  美味なものを味わったりする時の動作、舌鼓
 『日本語大辞典(講談社)』
  食べ物の味見をしたり、また、おもしろくない
ときなどに舌を鳴らすこと
 
 「舌を打つ」の意味として、この国でもっとも信頼
できるとされる辞書類に、「いまいましい時のしぐさ」
「面白くないときなどに舌を鳴らすこと」と並んで、
「舌つづみ」の意味での用例が挙げられています。
ただ、読者の方が、この使い方に疑問を持たれ
る気持ちもよく分かります。弊社で用字・用語を担
当する校閲部へ伝えさせてもらいます。
            中日新聞読者センター
2008年3月12日
from: 熱帯魚
to: 中日新聞読者センター
見出しは明確に「舌打ち」でした。
「舌を打つ」であれば意味は通じますし、こんなメールも送りません。
今は見出しを「舌鼓」に変えていらっしゃるようですが。 …
今回は「舌打ち」だったので、素人でもわかる間違いであったとの指摘です。
ご理解いただきたく思います。
2008年3月15日
from: 熱帯魚
to: 中日新聞読者センター
「舌を打つ」を指摘したわけではなく、「舌打ち」を指摘したことに対し、
「舌を打つ」の説明を返してくることは、間違いなく論点のすり替えであり、
新聞社としての姿勢を疑う行為であることを付記しておきます。
2008年3月17日
from: 中日新聞読者センター
to: 熱帯魚
 中日新聞です。
 3通目のメール、受け取りました。
 「舌を打つ」と「舌打ち」の違いは、確かにある
と思われます。お申し出の件は、弊社で用字・
用語を担当する編集局校閲部の責任者に伝え
ました。なお先に当方(読者センター)からお送
りした返信は同部の見解も踏まえた内容でした。
また、新聞の見出しは、記事の筆者ではなくて、
紙面編集を受け持つ地方部・岐阜版の担当です。
最初のメールでお書きいただい内容は、そこへ
も伝え済みです。
 貴重なご意見をお寄せいただき、感謝申し上げ
ます。また、この件に関する詳しい見解は、上記
の校閲部で承らせてもらいます。その際の書面
のあて先は「〒460 8511(住所不要) 中日新聞
校閲部」で、お願いいたします。
 以上、返信いたします。
              中日新聞読者センター
~~~~
 文字を扱うメディアがこんな体たらくですからね……。新聞業界も堕ちたものだ……。

-02:あんた、絶対バカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

北京五輪:長野聖火リレーと中華思想とメタミドホス

日本人が長野の五輪聖火リレーに乱入して言葉を示すとしたら、その言葉は、 「フリー・チベット」ではなく、 「メタミドホス」 なのではないだろうか。 もううやむやになったんだよね、日本人の中では。

no image

貧乏な土建屋とセメダイン頭

夜、お風呂に入った後、熱さ覚ましに妻と一緒に近所を徘徊していたら、「舗装維持修繕工事」という工事に出会った。 国道の横断歩道の部分を、溶剤を使って溶かして、もう一度固めている。そんな作業だから、あたり …

no image

さよならオリックス

 神戸の球団「だった」オリックス。近鉄と合併した時点で既に神戸の球団ではないが、昨日、清原が引退して、とうとう本当に神戸の球団ではなくなったんだなと、そう思った。 ~~~~  まず初めに断っておくが、 …

no image

官僚依存をぶっ壊せ

<!–前原よ。お願いだから、官僚主義(とそれにたかる民間)を叩き壊すことだけに専念してくれ。–> 天下りの撲滅(天下り自体と、天下り先の法人の壊滅)と、請負制の改革 …

no image

【毒】営業に騙される 業者を信じ込む 住居を買う人の気持ちが分からない

妻の母は戸建てに一人で住んでいる。 いわゆる建売の新興住宅地なのだが、隣家が外壁修理工事を始めた。 その工事屋に「ここが終わったらお宅もどうですか? 足場代が安く済みますので」と言われ、セラミックの壁 …

accaii

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ