16:びよういん!違います、病院です。

緑内障ねぇ

投稿日:2021-09-04 更新日:

人間ドッグの結果が返ってきまして。
えーと、両眼緑内障疑い。
3次元OCTまでしたのでまあそうでしょう。

思って、近くの病院を受診。
視野検査しないと確定診断にならない。
視野検査は1か月後。あほか。

まあ、放置すると失明コースなので、ちゃんと通い続けますけど。
目薬と一生お友達くらい、まあいいんじゃないの?

問題は目が痛いのをどうするかなんだが、聞いてみたら、眼精疲労の疑いが強いのでということで、シアノコバラミン目薬を処方された。
5mL×3本で院外薬局で450円だったかな。
使ってみると意外と効果がある。
ほほー、従来なら目薬を点しても痛くてしょうがなかった目の痛みが、全然しないね。
そんなに効果があるはずないんだけどね。

シアノコバラミンはビタミンB12。
ビタミンB12配合の一般医薬品を探したら、こんなのがあった。

配合も1mL中、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)1mg、シアノコバラミン(ビタミンB12)0.2mg、ネオスチグミンメチル硫酸塩0.05mg、添加物:塩化ナトリウム、ホウ酸、ホウ砂、クエン酸ナトリウム水和物、クロロブタノール、l-メントール、pH調節剤

なので、スマイルの赤いやつよりも成分少なくていい感じかなーと。
取り合えず、処方薬が切れたら考えよう。

-16:びよういん!違います、病院です。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

掌蹠膿疱症とうまく付き合う

去年だったかな。妻が手に水泡ができ始め、みるみるうちに全部の指と掌に蔓延。 水疱→痛み→皮が剥ける→皮膚が薄くなる→割れて出血→傷が塞がる 治ったかと思うとまた始まり、その繰り返し。 いわゆる掌蹠膿疱 …

左肩のホクロを摘出。その病理所見

病理診断 並びに 所見 後天性色素細胞性母斑。クラーク型。左肩。 やや左右非対称のシルエットを示す、比較的小さなドーム状隆起性病変です。 真皮表皮境界部に比較的小型の色素細胞胞巣が認められます。 少数 …

no image

強度遠視用コンタクトを研究する

うちの妻、強度遠視なのね。 いわゆる無水晶体眼。水晶体除去術した後に眼内レンズを使えなかったパターン。 今まではハードコンタクトレンズを使ってきたけれど、目への負担が大きいということで、ソフトコンタク …

no image

治療用眼鏡と補装具費の支給

医師の診察を受けて、治療用の眼鏡が必要との処方箋が出たので、これを持って眼鏡屋に行った。 どういう眼鏡を作るかという話になったが、費用の話が出ない。 おかしいなと思っていたら、公的負担の制度、補装具費 …

no image

糖尿病治療薬:ピグアナイド薬:メトホルミン

メトホルミン古くからある糖尿病の薬。1.肝臓でのグリコーゲン→ブドウ糖の産生反応の抑制2.筋肉のインスリン抵抗性の改善3.小腸でのブドウ糖吸収の抑制 第5回臨床高血圧フォーラム住谷哲氏(公益財団法人日 …

accaii

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ